陸上競技 ランニング種目

陸上競技 ランニング種目
Fred Hall

スポーツ

陸上競技:ランニング種目

写真:Ducksters

短距離またはスプリント

短距離走のことで、陸上競技では一般的に100m、200m、400mの3種類の距離がある。 オリンピック競技の原型であるスタジオンレースは、約180mの短距離走である。

スプリントレースは、まず走者が自分のレーンにあるスターティングブロックに着き、係員が「on your marks」と言います。 この時、走者はコースに集中し、足をブロックに置き、指をスタートラインの後ろの地面につけ、手は肩幅よりやや広く、筋肉をリラックスさせます。 次に係員が「Set」と言います。 この時走者は腰を浮かせなければなりません。肩の高さより少し上、足をブロックに強く押し付け、息を止めてレースの準備をします。 そして、「バーン」という音がしてレースが始まります。 走者は息を吐きながら、ブロックから飛び出さなければなりません。 レース序盤は、トップスピードまで加速します。 トップスピードに達すると、そのスピードを維持しようとするため、持久力がついてきます。スプリント

スプリンターは、走りながらリラックスした状態で、腕を前後にまっすぐ動かすこと。 スタートでは自分のレーンとコースに、後半くらいはゴールに集中することが大切です。

ミドルディスタンス

中距離走は、800m、1500m、1マイルの長距離走で、スプリントとは違った技術や戦術が必要です。 スピードだけでなく、持久力やペース配分も重要です。 また、走者は1つのレーンにずっといるのではなく、最初は同じ距離を走るために千鳥レーンになりますが、すぐに無人のレースとなり、1つのレーンを走り続けることになります。レーンがあり、ランナーは互いに回り込んで先頭を走らなければならない。

遠距離

長距離レースには大きく分けて3000m、5000m、10000mがあり、これらは中距離レースと似ているが、より正しいペース配分と持久力が重視されるレースである。

ハードル

ハードル競技は、競技場内に等間隔で設置された障害物を飛び越えながらゴールを目指す競技です。 代表的なハードル競技は、女子が100mと400m、男子が110mと400mです。 ハードル競技で勝つためには、タイミング、フットワーク、テクニックが重要です。 もちろんスピードは必要ですが、スピードをあまり落とさずストライドでハードルジャンプをすることが勝つためのコツです。ハードルでは

リレー

駅伝は、チーム対抗で行われる競技です。 一般的に4人4脚で行われます。 第1走者はバトンを持ってスタートし、第2走者にバトンタッチして第1脚を走ります。 バトンタッチは決められた範囲内で行わなければなりません。 第2走者は第3走者に、第3走者は第4走者に引き継ぎます。 第4走者は最終脚、すなわち、第1脚を走ります。一般的な駅伝は4×100mと4×400mである。

関連項目: 子供のためのフランス革命:原因

ランニングイベント

ジャンプ競技

投擲イベント

陸上競技大会

国際陸上競技連盟

陸上競技用語集

アスリート

ジェシー・オーエンス

ジャッキー・ジョイナー・カーシー

ウサイン・ボルト

カール・ルイス

ケネニサ・ベケレ

関連項目: フットボール:ランニングバック




Fred Hall
Fred Hall
Fred Hall は、歴史、伝記、地理、科学、ゲームなど、さまざまなテーマに強い興味を持っている情熱的なブロガーです。彼は数年前からこれらのトピックについて執筆しており、彼のブログは多くの人に読まれ、高く評価されています。フレッドは、自分が扱うテーマについての知識が豊富で、幅広い読者にアピールできる有益で魅力的なコンテンツを提供するよう努めています。新しいものについて学ぶことへの愛情が、新しい興味分野を探求し、その洞察を読者と共有する原動力となっています。フレッド・ホールは、その専門知識と魅力的な文体により、ブログの読者にとって信頼できる名前です。