キッズゲーム:クレイジーエイトのルール

キッズゲーム:クレイジーエイトのルール
Fred Hall

クレイジーエイトのルールとゲームプレイ

クレイジーエイトは、52枚のカードで遊べる楽しいカードゲームです。 少なくとも2人でプレイする必要があります。 5人以上でプレイする場合は、ゲームを楽しむのに十分なカードがあるため、2つのデッキが必要になる場合があります。

ゲームを始める

クレイジーエイトは通常2〜4人で行います。 2人の場合は7枚ずつ、それ以上の場合は5枚ずつ配ります。 残りのカードは裏向きで真ん中に積み上げます。 一番上のカードを裏返しにします。

関連項目: 子供のためのコロニアル・アメリカ:農場の日常生活

ゲームをする

ディーラーの左隣のプレイヤーからゲームが始まり、そこから時計回りに順番が回ってきます。

関連項目: 動物:ミーアキャット

プレイヤーの手番では、現在のカードとスーツ(ハート、ダイヤなど)またはランクが一致するカードを表向きに出すことができます。 たとえば、現在の表向きのカードがクラブの5であれば、5またはクラブのどちらかを出すことができます。

8はワイルドで、いつでもプレイできます。 8をプレイしたプレイヤーは、ハート、クラブ、スペード、ダイアモンドの中から現在のスートを選ぶことができます。

一番上のカードが揃わないプレイヤーは、揃うまで山札を引きます。 引き札の山が空になったら、揃わないプレイヤーは自分の手番を失います。

ゲームに勝つ

先に手札を全部捨てたプレイヤーが勝者です。

クレイジーエイトの攻略法

  • 8を出す場合、自分の持っているカードが一番多いスートを選ぶか、相手が持っていないスートを選ぶかです。 これは、相手が最後にカードを引いたスートを覚えておくことでわかります。
  • 一般に、ランクマッチはスーツマッチより先にプレイされます。 しかし、手持ちのカードによっては、どちらかの方がずっと良いプレイになることもあるので、考えてみてください。
  • ポイントを稼ぐためにプレイする場合、スートを合わせるときはハイカードを先に出します。
ゲームの別の遊び方
  • クレイジーエイトは、ゲーム終了後に敗者の手札に残っているカードを合計し、勝者に点数を与えるという、点数制のゲームです。 通常、クイーンやキングなどのフェイスカードに10点、数字カードのフェイス値(6なら6点)、エースに1点、8に50点を与えます。 8は持っておかないほうがよいでしょう。
  • 各ターンで可能であれば、プレイヤーが1枚以上のカードを捨て続けることができるようにする。
  • ジャックは次のプレイヤーの手番をスキップするプレイです。 2人しかプレイしていない場合は、ジャックでもう1回手番を回すことができます。
  • 逆転の発想で、プレイの方向を変えるリバースカードを選んでみましょう。 クイーンがリバースとしてよく使われます。

戻る ゲーム




Fred Hall
Fred Hall
Fred Hall は、歴史、伝記、地理、科学、ゲームなど、さまざまなテーマに強い興味を持っている情熱的なブロガーです。彼は数年前からこれらのトピックについて執筆しており、彼のブログは多くの人に読まれ、高く評価されています。フレッドは、自分が扱うテーマについての知識が豊富で、幅広い読者にアピールできる有益で魅力的なコンテンツを提供するよう努めています。新しいものについて学ぶことへの愛情が、新しい興味分野を探求し、その洞察を読者と共有する原動力となっています。フレッド・ホールは、その専門知識と魅力的な文体により、ブログの読者にとって信頼できる名前です。