アメリカ独立戦争:レキシントン、コンコードの戦い

アメリカ独立戦争:レキシントン、コンコードの戦い
Fred Hall

アメリカ独立戦争

レキシントンとコンコードの戦い

歴史>> アメリカ独立戦争

レキシントン&コンコードの戦いに関するビデオはこちら。

1775年4月19日、レキシントンとコンコードの戦いは、アメリカ独立戦争の始まりを告げた。 イギリス軍は、ボストンからレキシントンで反乱軍の指導者サミュエル・アダムスとジョン・ハンコックを捕らえ、コンコードでアメリカ軍の武器弾薬庫を破壊しようと出発した。 しかし植民地の人々は、ポール・リビアら騎馬兵からイギリス軍が近づいていることを知らされていた。サム・アダムスとジョン・ハンコックは逃げ出し、地元の民兵は弾薬や武器の多くを隠すことができた。

レキシントンの戦いの刻印

by Unknown レキシントンの戦い

レキシントンの戦いはとても小さな戦いでした。 戦いとは呼べないほど小さな戦いですが、独立戦争が始まった場所として重要です。 イギリス軍が到着したとき、町には80人ほどのアメリカ民兵しかいませんでした。 彼らはジョン・パーカー隊長に率いられていました。 そして、ジョン・ピトケアン少佐が率いるはるかに大きなイギリス軍が相手でした。 どちらも実際に戦うことを期待していませんでしたが、その結果、レキシントンの戦いは終わりました。その時、銃声が鳴り響き、イギリス軍が襲いかかり、何人かの入植者は殺され、残りの者は逃げ惑った。

ラルフ・ウォルドー・エマーソンの詩『コンコード讃歌』の中で「世界に聞こえた銃声」と呼ばれている。 誰が最初に撃ったのか、アメリカ兵なのかイギリス兵なのか、実は誰にも分からない。

コンコードの戦い

アメリカ人がレキシントンから逃亡した後、イギリス人はコンコードに進軍した。 コンコードに到着したイギリス人はほとんど抵抗せず、民兵が隠し持っていた武器や弾薬を探し始めた。 アメリカ人はコンコード郊外に退き、北橋の向こう側からイギリス人を観察した。 アメリカ人が待っていると、ますます多くの地元の人々が、コンコードから逃亡していった。民兵が到着し、その勢いはますます強くなっていった。

関連項目: 子供向けホリデー:マルディグラ

アメリカ軍はノースブリッジを渡ってコンコードに戻ることを決め、ノースブリッジでイギリス軍を破り、自信を取り戻した。 やがてイギリス軍司令官フランシス・スミス大佐は、アメリカ民兵の抵抗が急速に高まっていることに気づき、撤退することを決断した。

コンコードから撤退するイギリス軍 - 拡大表示

出典:国立公園管理局 イギリスの退却

イギリスは退却を決意すると、ボストンへの長い行軍を開始した。 アメリカは戦力を増強し続け、退却中のイギリスを攻撃し続けた。 イギリスがボストンに到着するまでに、73人を失い、174人が負傷した。 アメリカは49人を失い、41人が負傷した。

これらの戦いで、アメリカ独立戦争は正式に始まったのである。 銃撃が行われ、何千人もの民兵がボストンを包囲し、アメリカ人はイギリスを押し返したと感じ、団結して戦い続ける勇気を得たのである。

どくりつせんげん エイモス・ドゥーリトル著 レキシントンとコンコードの戦いに関する興味深い事実

  • イギリス軍はフランシス・スミス中佐が率いており、イギリス正規兵は700人であった。
  • イギリス兵は「レギュラーズ」と呼ばれ、赤い軍服を着ていたことからレッドコートと呼ばれることもあった。
  • レキシントンの民兵のリーダーはジョン・パーカー大尉で、兵士の25%ほどが彼の親族だった。
  • アメリカの民兵の中には、1分前になれば戦えるミニットマンと呼ばれる人たちがいた。
  • この2つの戦いが起こった翌日、約15,000人の民兵がボストンを包囲した。
活動内容
  • このページに関する10問のクイズに答えてください。

  • このページの朗読を録音して聞くことができます。
  • お使いのブラウザは、オーディオ要素に対応していません。

    レキシントン&コンコードの戦いに関するビデオはこちら。

    独立戦争についてもっと知る

    イベント情報

    関連項目: ペンギン:泳ぐ鳥について学ぶ。
      アメリカ独立戦争年表

    戦争に至るまで

    アメリカ独立の原因

    スタンプ法

    タウンゼント法

    ボストン大虐殺

    忍び寄る行為

    ボストン茶会事件

    主なイベント

    大陸会議

    どくりつせんげん

    アメリカ合衆国の国旗

    れんごうきやく

    バレーフォージ

    パリ条約

    バトル

      レキシントン、コンコードの戦い

    タイコンデロガ砦の攻略

    バンカーヒルの戦い

    ロングアイランドの戦い

    ワシントン、デラウェアを渡る

    ジャーマン・タウンの戦い

    サラトガの戦い

    カウペンのたたかい

    ギルフォード・コートハウスの戦い

    ヨークタウンの戦い

      アフリカ系アメリカ人

    将軍・軍事指導者

    愛国者と忠誠者

    自由の息子たち

    スパイ

    戦時中の女性たち

    バイオグラフィー

    アビゲイル・アダムス

    ジョンアダムス

    サミュエル・アダムズ

    ベネディクト・アーノルド

    ベン・フランクリン

    アレキサンダー・ハミルトン

    パトリック・ヘンリー

    トーマス・ジェファーソン

    ラファイエット侯爵

    トマス・ペイン

    モリーピッチャー

    ポール・リヴィア

    ジョージ・ワシントン

    マーサ・ワシントン

    その他

      日常生活

    独立戦争の兵士たち

    独立戦争時の軍服

    武器と戦法

    アメリカの同盟国

    用語集・用語

    歴史>> アメリカ独立戦争




    Fred Hall
    Fred Hall
    Fred Hall は、歴史、伝記、地理、科学、ゲームなど、さまざまなテーマに強い興味を持っている情熱的なブロガーです。彼は数年前からこれらのトピックについて執筆しており、彼のブログは多くの人に読まれ、高く評価されています。フレッドは、自分が扱うテーマについての知識が豊富で、幅広い読者にアピールできる有益で魅力的なコンテンツを提供するよう努めています。新しいものについて学ぶことへの愛情が、新しい興味分野を探求し、その洞察を読者と共有する原動力となっています。フレッド・ホールは、その専門知識と魅力的な文体により、ブログの読者にとって信頼できる名前です。